スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
私にできること
精神科の先生に「自閉症でしょうね」と言われ、
臨床心理士の先生には「自閉症の特徴が出ています」と
言われた、現在5歳の息子。


息子にはっきりとした診断が下るのには、まだまだ時間が掛かり、
12月の初め頃になる予定。


見た目は全く普通の子供です。
皮膚科の先生には情緒障害と思われ「母親の愛情が足りない」と
怒られたこともあります。
初めて体験すことに、パニックおこすことがあるからです。


息子の事を紹介するにあったて、何から書こうか迷いましたが、
ある出来事を今日は書きます。



6月の初めごろだったと思います。
いつものように保育園に迎えにいくと、
園庭から「あぶない、あぶにゃいよ~」と叫ぶ息子の声が。


何事かと見ると、ジャングルジムの上に息子の姿が。


ジャングルジムといっても、140センチぐらいの低いものです。
その上で、息子が端から端へ移動しようとしているのです。


「あぶにゃい!あぶにゃい!」と叫ぶ息子を、担任の先生が
「大丈夫!できる!がんばれ!」と励ましていました。


ところが息子は相当怖いようで、生まれたての子鹿のような姿で、
「あぶにゃいよ~~~。たちゅけて~~~。たちゅけて~~。」


その姿が、余りにも可愛くて私は、笑いながら近づきました。
その時、先生も耐えられなくなったように、噴出して笑ったんです。


そしたら、子鹿のように震え叫んでいた息子が、
震えるのも、叫ぶのも止めて、先生の顔をまじまじと見て、
こう言ったんです。


「先生、楽しい?」


先生が「楽しいよ」と答えると

息子は満面の笑顔で


「先生、良かったね」って言ったんです。


その後は、また叫びながらも少しづつ前に進もうと、頑張っていました。



私は、それを見て凄く嬉しかったんです。
人の笑顔を見て、自分も嬉しそうにニッコリ笑う息子を、とても愛おしい
と思いました。


この子には、笑われた=恥ずかしい=かっこわるいが、5歳でまだないんです。

人が笑う=楽しい=良いこと。なんです。


自閉症の特徴なのでしょうか?
いつも本当に純粋そのものなんです。


私に、この子が育てられるでか、不安になりました。


私にこの子が守れるか。
自分の人生の絶望に勝てず、泥沼の中でもがき苦しんでいた私に、
何ができるのか?



答えは簡単でした。
特別に、なにもする必要なんてないです。

他の子と同じように、私の出来ることしか出来ないのですから。


私には強い味方がいます。
世界一優しい心と、世界一綺麗な魂を持つ男。
そう、主人です。


そんな主人を、こよなく尊敬し、愛する私です。

こんな二人の間だからこそ、二人なら育てられるから、
息子は二人の間に生まれてきてくれたのだと、信じています。


6人出産、まず自分に出来ることを、日々頑張っていきたいと思っています。


優しい旦那様、可愛い子供達に囲まれ、
幸せを日々噛み締めながら、成長していく決意です。
スポンサーサイト
【2008/10/20 16:30 】 | 子育て・出産 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
一番偉いのは誰?
我が家の子供達がそろうと、よく始まるバトル。

11歳の小6の娘、今月4歳になった息子、2歳3ヶ月の娘、7ヶ月の娘の四人。
この中で、一番偉いのは誰か?
子供達はそれぞれ自分が、一番偉いと思っているもよう。


2歳3ヶ月の娘は、まだ赤ちゃん言葉のくせに、11歳の姉と対等に喧嘩し、自分が怒られていても口答えする。


けれど、母親の目から見れば、やはり11歳の娘が一番幅がきく。
それは、当然ですよね。
一人年が離れて大きいですから。


そして~次に幅がきくのは~2歳の娘です!
そして~次に幅がきくのは~7ヶ月の娘かな~。


どうにもこうにも、4歳の息子は弱い。
それとも、女が強すぎるのか?


けれどこの四人の上に君臨する人がいます。
それはもちろん!我らが父ちゃん!


子供達は、本当にお父さんの言う事はきく。
私が叱っているのに、お父さんしか見ない。
私が叱っていることで、お父さんが怒り出さないか、それだけが子供達は気になるのだ。


まぁ~馬鹿にされたもんですね~
私の威厳のなさにもほどがある。


しかし、そんな私の顔色を家の中で、ただ一人気にする人が!
もちろん、お父さん(旦那様)!
私が、完全に切れる前に子供を叱り、
私が、完全に不機嫌になる前に、機嫌をとってくれる。
そりゃ~気を使ってくれまくりです。


そう考えると、なんだかんだと一番偉いのは、私?
きっとそうだ、そうに違いない、と思いながらも、
いいえ~とんでもございません!
旦那様が一番偉いのが、当たり前でしょ~。
と、言っておくのが、賢い妻かと。


結論は、第一回
「家で一番偉いのは大賞」にみごと輝いたのは~、
もちろん!旦那様~


そして今日も私は、裏で舵をとる


FC2ランキング

【2007/06/21 22:12 】 | 子育て・出産 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
娘に思うこと
娘が、16で結婚、母になったこが、良い事なのか、
私にはわからない。


でも、これだけは言える!
娘は、大事な可愛い私の子供だ。


出来ることなら、苦労しないで欲しい。


人生色々なことがおきる。
苦労しないで、と言っても、簡単にはいかないこともあるだろう。


でも、娘が歳をとり人生に終わりが来たとき
後悔しない人生を送って欲しい。


前旦那は、
上の娘が16で結婚出産したことを知り、
今私と暮らす、第二子の娘、前旦那から見れば長女が、
同じように10代で、結婚出産することになったら、
私を「はじく」と何度も電話で言ってくる。


誰だって、我が子に苦労はさせたくない。
結婚、出産はゆっくりな方が、いいと思う。
「はじく」と脅されたから、そう思うわけではない。


けれど、私は16で子供を産んだ娘を「恥」だとは思わない。
それが、娘の幸せなら認めてあげたい。


その考えが、「甘い、おかしい」と前旦那には言われるが、
娘の幸せを決めるのは、世間体ではない。


誰がなんと言おうが、
私の娘は、自慢できる、心優しい子なのである。

前旦那の言うとおり、
これから、大人になる他の子供達に、親として教えるべきことを、
怠る気はない。


けれども一番大切なことは、純粋に親として、
子供達が「愛を語れる、明るく楽しい人生」を送ってくれることを、
心から願っていくことだと思っている。


私は駄目な母親だが、子供を愛することだけは、やめられない。


どうか、どうか、我が子達に、
幸せな楽しい人生、後悔しない人生、を


みんな私の自慢の子供達なのだから・・・。








FC2ランキング

【2007/06/13 05:43 】 | 子育て・出産 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
娘の出産
『娘が16歳で、妊娠出産したというと、
昔流でいうなら、「ヤンママ」だと思われることが多い。


しかし、うちの娘は真面目すぎる性格で、ふけている。
髪は黒、ストレートのショートカット、化粧はしない。
眉は自然の太さで、メガネをかけている。


そのせいか、ふけて見られる。
6才年下の妹を連れて歩くと、母親に間違われることがある。
自分の通帳を作ろうとして、銀行の人に「お子さんのですか?」と聞かれたと、嘆いていた。
私から見ると、23歳ぐらいに見える。


今までのブログを、全部読んでくれた人は、ご存知だろうが、
娘は、わけあって心療内科に通っていて、高校は入ったものの通学できず、妊娠発覚当時は、すでに働いていた。』



結婚式も無事に済み、
娘は、順風な新婚生活、妊婦生活を送っていた。


そんな娘から、「陣痛が始まったみたい」だと連絡を貰った時、
私は、実家にいた。


父が亡くなり7,8時間ぐらい、涙が止まらない時だった。


泣いてはいられない。
娘には、父(おじいちゃん)が亡くなったことは、内緒にしておきたく
連絡してなかった。
初ひ孫を見せられると、楽しみにしていたし、
「おじいちゃんが死んだ」と言っても、予定日過ぎた妊婦が、
駆けつけられるわけもなく、可哀想なだけだったから。


娘には、すぐに病院にいくようにつげ、
私は実家から、タクシーに乗り娘の下に向かった。


初めは複雑な気持ちだった。
父が亡くなり、半日も経っていないのに・・・。
でも、姉達は笑っていた「お父さんらしいね」


きっと私が泣き過ぎないようにしてくれたんだと、私も思うことにした。
孫の誕生を喜ばなければ、父はガッカリする。
父は、そうゆう人だ。


病院に着き、娘に合うと、まだまだ元気そうだった。
「陣痛かどうか分からない。そんなに痛くない」と言うので、
私はいったん家に帰り、ちび達を旦那の実家に預ける手配をし、
4時間ぐらいして、病院に戻った。


義理の息子と、向こうのお母さんと、私、3人で待合室で待った。
すいぶん待たされ、やっと会えた娘は辛そうだった。


病院側は「まだまだいつ産まれるかわからない」と言い
お姑さんは帰ったが、
私は、娘の痛がりかたから見て、2時間以内に産まれると読み残った。


その時の、義理の息子の動揺ぶりは面白かった。
紙パックを握りる手に力がはいり過ぎ、ズボンに溢れているのに、
気付かないほどだった。
立ったり座ったり、見てるこっちが疲れた。


そして、私の予想どうり2時間後。
無事初孫が誕生した
少し小さめだったが、元気な可愛い女の子だった。



FC2ランキング

【2007/06/13 04:40 】 | 子育て・出産 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
娘の妊娠
『娘は16歳で結婚、出産。
いわゆる、おめでた婚だった。

娘に彼氏がいることは知っていた。

娘の妊娠が発覚する1年前に、菓子折りを持って挨拶にきた。
娘より13歳年上の人で、
「結婚を前提につき合わせてください」と言われ承諾していた。
(反対したって仕方ないし、彼は優しくて、今までつき合った女性はいるのに、チェリーボーイで女癖が悪いことは考えられなく、
反対する理由が、見当たらなかった)』


私が第5子を産み、まだ3週間ぐらいの時である。

娘の部屋から泣き声が聞こえた。
泣いていたのは、娘である。

「どうしたの?」と何度も聞いてやっと娘から返事があった。
「私、妊娠してる。ごめんなさい」

本当に驚いた。
でも、泣き続ける娘が心配だった。
(産みたくないから、泣いているのかな~?)
そう思った。

「どうしたいの?産みたいの?断念したの?」と私は聞いた。
「産みたい」娘はそう答えた。
「だったら、どうして泣いてるの?」

娘は、言った
「お母さんに、迷惑かける~」

私は、息を呑んだ。
私の周りには、私の心配をしてくれる人が、なんと多いことか。

でも、私は怒りました!
母になりたいというなら、強くなってもらわねば。

「迷惑なんてかからないよ、
お母さんのお腹が大きくなる訳じゃないからね」
「もう泣くのはよしなさい!
お腹の子に失礼よ!」
「産みたい子が宿ったなら、喜ばなくちゃ」
「堂々と胸を張りなさい!
人の命は尊いもの、2人分の命を持つあなたは、
今、誰よりも偉いのよ」

そうキツく言いました。

そして、彼にすぐ来るように連絡させました。

駆けつけた、娘の彼に言いました
「あなた、私の娘と結婚したいと言ってたよね?
その気持ち今でも変わらない?」

「もちろんです」の返事を聞いて
「だったら、おめでとう。娘から良い話があるよ」

そう言いました。

















【2007/06/12 04:04 】 | 子育て・出産 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。