スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
DVによる後遺症②
私の主人は今、児童虐待、DVを撲滅するために
頑張っています。


以前も書いたように、その運動は本当は私がやらなければならないことです。


先日、主人が児童虐待に関する本を購入してきました。
そして、児童虐待、DVのことを話題にしてきました。


この話題での会話は長く続きません。


私の受け答えが悪いせいでしょう。


この話題に、私の気分が乗らないのは、
「頑張ったって、どうせ児童虐待、DVはなくならない」
という冷めた気持ちがあるからです。


でも先日の主人との会話で、
もう一つ気付いたことがありました。


主人の行動を尊敬しているのに、
有り難いと思っているのに、
その話題になると、どうしても気の乗らない自分がいるんです。


その原因がわかりました。
冷めた気持ちの原因です。


「怖いんです」


なにもかも、「怖いんです」


自分がDVにあったことを思い出すのも、
自分の大切な子どもが虐待にあったことを思い出すのも、
そんな事実を認めるのも


全部「怖いんです」


今現在、DVにあってる人、
今現在、自分の大切な子どもが虐待にあってる人
きっとその人達も、今の現実を認めることが、
怖いと思います。


過去でも怖いのに
現在なら、言葉が見つからない恐怖でしょう。


これが、児童虐待、DVがなくならない原因の一つでしょう。


私は、その人達の気持ちがわかるのに、
自分も怯えていて、まだ立ち上がることができません。


「生まれてきては、いけなかった人間なのに」
そう悩む、うつ病との闘いのなかです。


主人に守られ、命を繋ぐ日々なのです。


もちろん、わかっています。
私は主人に必要とされているし、
子供達も、私の事が好きです。


そして命は、とても大切なもので、
生きていることは、とても素敵なことです。


私は、すごく前向きになりました。
とても幸せです。


でも、それでも、完全に抜け出すには
まだ時間がいる。
それだけ、暴力に支配された日々は、恐ろしいことなんです。


どうか、主人の考えが実を結びますように。


一人でも多くの人が救われますように。


私も主人に守られながも、自分の心の叫びを
声に出して言える日まで、頑張ります。
この山を必ず越えてみせます。


昨日の幸せ。
今日の幸せ。
家庭に溢れる愛に、感謝を忘れずに。
日々成長していく決意です。


今、恐怖の中にある人々へ

「あなたの周りににも、
愛は沢山あります。
どうか、その手を伸ばしてください。
あなたにも、幸せになる権利があるんです」


「大丈夫。
胸を張って、幸せだって言える日が待っていますよ」


「あなたは、十分頑張ったのだから、
自分への、ご褒美を忘れないで」


「もう自分を責めるのは、やめましょう」


「明日はきっと素敵な日です」


「素敵な明日が、あなたを待っています」
スポンサーサイト
【2009/09/16 11:01 】 | 現在の結婚生活 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
十人十色 子供もそれぞれ
子供って不思議です


同じように育てたつもりなのに、それぞれ性格が違います。
食べ物の好き嫌いも、違います。


そして、私にとって、家の一番の困ったちゃんは、
現在4歳の娘です


自閉症の息子も、大変ではありますが、
彼は同じパターンを好むので、読みやすいところがあるんです。


しかし、4歳の娘は、いつも気分次第。
どこで、逆切れしてくるのか、まったく読めません


とにかく気が強くて、しっかり者。


髪を結わいてあげるだけで、大騒ぎになることも。
「髪、結わくから、こっちにおいで」
と、言っただけで、いきなり大泣き。

「私はまだ座ってたかった!」だそうです。


「結わき終わったよ」
と、言えば、またまた大泣き。

「私は、今日はうさちゃんみたいにして欲しかったの!」
だそうです。


普段、しっかり者を演じてのストレスでしょうか?
色々と考えますが・・・・


結局、思い当たる事といえば・・・
たまに、意味なく超不機嫌な寝起きの主人に似ている!
ことしか思いつきません。


主人に、4歳の娘の、「突然の逆切れ」「超マイペースで、人の指示無視」
で、困っていると相談したら、


「俺は、べつに育て辛いと思わないけど、
ただ、機嫌が悪い時があるだけでしょう?」


私が、「それが読めなくて困る」と話しても
「いや、気分次第なだけだから」


えっ・・・・・・・・・
気分次第で振り回されるのって大変なんだけど?


どうやら、似た者同士は、理解し合えるようです。



この娘、保育園でも「マイペースで困ってます」と
言われています


しかしながら、4歳の娘がしっかり者のおかげで、
助かっているのも事実で、


現に自閉症の兄の扱いは、抜群に上手く、
下の2歳の妹の面倒も見てくれます


保育園でも、兄、妹のピンチを救っているようです。


そして、とても優しくて、悪を許しません


はぁ~
要するに、主人と似た性格の娘。
主人ならいいけど、娘に持つにはしんどい。


自分を持った、しっかり者は育てにくい。


頭の回転も速くて、いたづらも奇想天外。


最近は、育てるより、見守る気持ちが大切かな~と
思っています。


この子は
「怒る」「指示する」より、
「褒める」「たのむ」の方が、実力を発揮するようです。


子供は何人育てても、その子供から見たら、
私も新米ママのようです


十人十色。子供もそれぞれ。
その子に合わせた育て方を、


私も日々勉強しながら成長し
がんばっていきます


でも、無理せず、ゆっくり頑張ろう
【2009/09/10 11:20 】 | 現在の結婚生活 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
児童虐待 DVよる後遺症
私の主人は、法律家を目指しています。
過去のブログにも書きましたが、それは私が前の結婚生活で児童虐待、DVにあったからです。


先日、主人のブログ「ミッション」を読んで、私は新たに主人を尊敬しました。
そしてまだまだ、地獄のようだった日々を引きずっている自分に気付きました。


よく主人は、私に
「俺が法律家になれた時は、力を貸して欲しい」とか
「お前の方が、法律家に向いているのに」などと言います。


いつも、私は「頭が悪いから」などとかわしますが、
先日一緒に晩酌している時、主人が言いました。


「お前と一緒になったんだから、俺には何か使命があるはず」
「同じ事で苦しむ人が、一人でも減るように、俺は何かをしなくちゃいけないんだ」


素敵な言葉です。
でも、私は冷めた気持ちで聞いていました。
「きっと変わらない、児童虐待もDVもなくなることはない」
そんな気持ちが私のなかで渦巻いていたのです。


主人のブログを読んで私は、前を見続ける主人を、
愛を大切にしてくれる主人をみて涙が流れました。


そして、気付いたんです。
本当は、立ち上がらなくてはいけないのは私です。
虐待に苦しむ人が、一人でも救えるように、その恐ろしさを知っている私が立ち上がるべきなんです。


けれど現実は、あの日がよみがえります。
自分の命より大事な我が子が、自分の目の前で殴られ続けた日です。


どんな事があっても助けられると信じていたのに、
実際の自分は、畳の上でもがいていることしかできなかった。


自分の無力さを知った日でした。


我が子さえ助けられない私になにができるでしょう?


私は愛が素敵なものであることを知っています。
虐待、DVがなくなることを、心から望んでいます。

けれど・・・・
まだ、DVの後遺症に苦しんでいます。


恐ろしいことです。
今は、こんなにも愛に満ちた幸せな日々を送っているのに、
まだ立ち上がることもできず、自分の無力さを知った日を忘れられないのです。


相手への憎しみと、生きる価値のなくなった自分への絶望。


私には、強くて、心が綺麗な主人が必要です。
私はいつになったら、立ち上がることができるのでしょう?
私はいつになったら、憎むだけでなく、戦える自分になれるのか・・・。


でも、私は愛が素敵なものであることを知っています。
愛は必ず勝つと信じています。


「あなた、もう少し待って下さい」
私にも、あなたのように、前に進むために、何かをするべきだと思える日がくるはずです。


その日が来るまで、まだまだあなたに甘え、浮き沈みのある日々で、
ご迷惑をお掛けしますが、そこはあなたの余裕しゃくしゃくに期待します。




くどいけど、愛は素敵なものです。
誰もが愛を心に持てたなら、虐待もDVもなくなるはずなのに・・・。



だれもが、笑顔でいられる日々を望んでいます。

【2009/08/26 13:05 】 | 現在の結婚生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
久しぶりの更新です
子沢山育児と、日々の仕事で忙しいのを、言い訳にさせて下さい


大分報告が遅れましたが、現在6歳になりました長男は、今年の4月に
正式に「自閉症」との診断がくだりました。


小児精神科の先生も色々で、診断が下るのに他の人よりも時間が掛かりました。
どのような子を「自閉症」というのか、その判断基準の違いが、先生によって
ありました。

先生によって違いがあることに、私も驚きましたが、詳しい話は、また次回にしたいと
思います。


では、最近の生活状況報告です
ジャ、ジャ、ジャ~ン
とは言ってみたものの、日々変わりなく、
毎日子供達に振り回され
ブツブツ言いながら、週5のパートをこなし
限りなく優しい旦那様に支えられ

忙しく、楽しく、幸せな日々を変わりなく送っています


そう、そう、唯一事件と言えば、プチ夫婦喧嘩をしました
私、自分の携帯電話を、ブチ折りました
こう見えても、私かなり短気です

携帯をブチ折った理由は、ご機嫌斜めになった旦那様が、謝り続ける私の
メールを無視して、約10時間メールの返信をくれなかったことです

そんな事で~と思う人もいるでしょうが、
短気な私の事「そんなに私が嫌なら、離婚しよう」などと
余計なメールをしてしまう前に、携帯を破棄しました


その事件については、旦那様が後日カラオケに誘ってくれ「素直にIm sorry」を
歌ってくれ、反省していると示してくれたので、
それから約2週間後なかったことにしました~


こんなにも短気で、立ち直りも遅い、扱いにくい奥さんを持った旦那様ですが、
変わらずに愛を送ってくれるので、
私も少し反省しています


そして、私は負けを認めます。
旦那様には敵いません。手の平で転がされるだけです。


宇宙人と戦っても無駄です。勝ち目はありません。


と、いう訳で、これからも日々旦那様に甘えて生きていきたいと思います。
そして、間違えて携帯をまたブチ折った時は、素直に早く謝ります


それでは、この幸せな日々に感謝し、今日の更新終えます


今度こそ、早いうちに更新するぞ




【2009/08/19 09:03 】 | 現在の結婚生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
詐称!?
自分のブログ画面を見ていて気づいた。
38歳主婦と書いてある・・・。


それって、今は違う・・・。
詐称・・・

いつの間にか歳をとり
今は主夫アシスタント


バタバタしながら、時は流れてたんだな~と、今更ながら、
しみじみと感じてしまいました。


それは、良いことなのか?それとも~?
まぁ、まだまだ未熟な私には分かりかねます。


未来の私が、落ち着いた生活送っているかどうか、
私にはわかりません。
でも、一つだけわかることがあります。


ブログを始めた頃、今現在、そして未来。
私は愛に囲まれた、幸せな人です。
その幸せを感じ取り、感謝することを止める事などできないほどの、
暖かなものに包まれて、私はこれからも生きていくでしょう。


でも、私の旦那様は私を、もっともっと幸せにしたいと、
言ってくれます。
私は、もっと幸せは無理だよ、と答えています。
それは、本当に素直な気持ちです。


もっと幸せ・・・それは人生の終わりに来るものではないでしょうか?


旦那様の言ってくれる、私のもっとの幸せ。
その言葉の意味することは、わかります。
ありがたいことです。
もう一人で泣く必要はないのかもしれません。


私が産んだ子供達全員を、好きなとき抱きしめ。
一つの曇りも無い堂々とした母親顔で、子供に胸を張れる日が
来るのかもしれません。


けれども、今はまだまだ大それた願いです。
ただただ今は、子供達が愛ある人生が送れるよう願うことしか
できません。
そして、私の素敵な旦那様の願いが叶い、素敵な行政書士に
なってくれると信じていることしか、できません。


なんだか、重い感じになってしまいましたが、
私、本当に幸せなんです
旦那様と子供達に囲まれ、本当に幸せです


さてさて、事の始まりの詐称疑惑ですが、
このままにしておこうと思っています。


近々主婦に戻るだろうし、
38歳に戻るかもしれないし・・・。
はっきりいって、直しかたわからないし


まぁ~何はともあれ、今日も幸せで良かった
良かった







【2008/01/17 10:33 】 | 現在の結婚生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。