スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
自閉症児の息子のIQ (小学校進学に向けての準備)
一昨日、特別支援教育総合センターでIQを取ってきました。


息子はこれまでに、療育センターでIQを2回とっています。
今回IQを取ったのは、療育センターでの、日常的にどのぐらいのIQが
あるかではなく、
来年の小学校進学を控えて、勉強についていかれるか、普通学級と個別学級
どちらの方が、息子にとって良いかを知るためです。


息子は「わからない」答えることを、とても嫌います。
そのため、わからないことも聞かれるIQを取るときは、パニックを起こします。


療育センターでは、パニックを起こし答えられなくなるのも実力の内として
IQを出し、結果68でした。

同じ、「田中ビネー知能検査」でしたが、
今回は落ち着かせながら、普通の倍の時間を費やしはかりました。
そして、IQ89という結果でした。


下のほうであるものの、普通の領域です。


驚きました。


しかも、できなかった問題を聞いてみると、
「曜日の配列の理解」


「2日前は何曜日?」と聞くそうです。


できなかったことが、意外でした。
息子は3ヶ月後ぐらい先の、適当な日付を言っても
何曜日か答えることができます。


「曜日の配列」は間違いなく理解しています。
きっと「2日前」という言葉が理解出来ないのです。


それ以外に「足し算、引き算の元となる理解」の問題が、出来なかったそうです。


これも、意外でした。
実際に息子は「137+128=」のような、大きな数の足し算もできます。
もちろん、引き算もできます。


そう考えると、結構IQ的には、普通のようです。


けれど、自閉症の特徴がよく出ていると言われる息子。


相談の結果、
小学校1年生は、「個別学級」からスタートすることに、決まりました。


次回は、IQ的には問題なくて、「個別学級」を選ぶ理由について、
書きたいと思っています。


新1年生「個別学級」からのスタートは、
息子にとって、どの選択良いのか?
暗中模索ながらも、私が出した答えです。
スポンサーサイト
【2009/09/03 11:07 】 | 自閉症 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<個別学級 情緒クラス | ホーム | いつもと違う事を嫌がる、息子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。