スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
個別学級 情緒クラス
息子の新一年生スタートは、「個別学級」の情緒クラスを選択しました。


普通学級と個別学級、どちらが息子にとって良いのか?
色々と考えて出した答えです。


しかし、個別学級が良いと考えたというより、
普通学級では、不安が多すぎることが、選択の理由です。


息子の自閉症の特徴の強さです。


保育園生活や日常生活からみて、普通学級が不安な理由は、
数々ありますが、挙げたら


1、予定通りに物事が進まないと、パニックを起こす時がある。

例①
{保育園で昨日は5時まで園庭で遊んだのだから、何も言われなければ
今日も5時だと勝手に考え、1分でも早まれば大騒ぎする。

例②
{教室に入るとき一番に入ろうと思っていたのに、入れないと大騒ぎする。


2、自分に出来ないことがあるのと、パニックを起こす時がある。

{聞かれたことが、分からないとか、
紙が上手く折れないとか、ボタンができないとか、
いつもできることを、失敗した時など


3、お友達に、嫌なことを言われたり、されたりすると、必要以上に大騒ぎして泣く。

{「遅い」と言われた。「できない」と言われた。
何かを邪魔された。何かを貸してもらえなかった。


などなど、
彼がパニックを起こせば、30分~1時間は立ち直ることなく、
泣き続けるので、とても手がかかります。


先生の少ない普通学級では、無理に思えるのです。
保育園の先生にも相談しましたが「普通学級は難しいかと」との
答えでした。


しかし、心理の先生によれば、
こだわりや、物事を勝手に決め付けるところは、治らないものの、
成長とともに、パニックを起こすこと、騒いでしまう事は、
なくなっていくようです。


特別支援教育総合センターの先生は、
「まずは、「個別学級」からスタートして、
もう少し、物事に対する対処のしかたに、幅を持てるように
なったら、「普通学級」に上がれるよう、
考えていきましょう」
とのことでした。


3年生ぐらいには、普通学級に移れたらと、
考えてくれているようです。


私は息子に、とりあえず、
無理をさせず、
ゆっくり成長を待ち、
自分のペースで、楽しい小学校生活を送ってくれたら
良いかな~と、考えています



スポンサーサイト
【2009/09/06 11:26 】 | 自閉症 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<十人十色 子供もそれぞれ | ホーム | 自閉症児の息子のIQ (小学校進学に向けての準備)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。